千葉ニュータウン都心地区を快適にする地域熱供給

地域熱供給とは 当地域熱供給の特色 供給エリア 供給システム ゴミ焼却廃熱を利用した地域熱供給
供給エリアおよび供給状況
平成3年2月に都市計画決定され、平成5年11月に熱供給を開始して以来、現在では千葉ニュータウン都心地区における業務施設・電算施設・研究所・ショッピングセンター等13社に、冷暖房・給湯用の熱の安定供給を行っております。
供給延床面積 約467千m2
供給販売熱量 約157千GJ/年(平成18年度実績)